居抜き物件での飲食店開業は全国各地で起こっている

このコラムをシェアする

居抜き物件はコストの節約になる

居抜き物件で飲食店を開業するメリットは、何と言ってもコストを下げられることです。
飲食店開業には設備投資が必要です。冷蔵庫だったり、調理機器、テーブルやイスなど、いろいろな設備を整えないと開業できません。内外装にしたって、それなりの経費は免れないでしょう。
元飲食店の居抜き物件だとそういった設備がそのままになっているわけですから、一から準備するよりも初期コストがかからないわけです。こういった初期費用をイニシャルコストと言いますが、居抜き物件はイニシャルコストが低い物件と言えます。
そしてもう一点、イニシャルコストがかからないということは、その分、開業までの日数を要しないということです。設備投資に費やす時間・労力は他の準備に回せるわけで、開業までの時短になるわけです。
時間もある意味コストですから、居抜き物件で飲食店を開業するメリットはコストがかからないことと言えそうです。

契約トラブルを回避する方法

ただし、この残された設備は注意が必要です。
まず1点が、「これ、ちゃんと動くの?」という点。「設備はあっても壊れて使い物にならない」、それではただのガラクタです。何の意味もなしません。
また、内覧時に残っていた設備が、契約後もすべてそのまま残っているものとは限りません。オーナーさんの意向で価値の高い設備は開業時までに撤去されていることもあるようです。事前にしっかり確認しておかなければなりませんよね。
次ですが、いくら設備が残っていて、しかも使えるとしても、賃貸契約をすればそのまま借主さんの所有になるわけではありません。この辺の扱いがどうなるのかは事前に確認しておかないと後々トラブルになります。
具体的には、使用料として賃料に含まれて請求されるのか、それとも、これら設備は買い取りで権利譲渡されるのか。所有権がどこにあるのかハッキリさせておかないと勝手に処分できないので注意が必要です。