居抜き物件で飲食店を開業するメリットとは

「修行も終えてお金もある程度溜まった。念願だった自分のラーメン店を開業するぞ!」
自分のお店を持つには物件を見つけなければなりません。この物件探しの際に注目したいのが居抜き物件です。
居抜き物件とは、前に入居していた店舗の内外装、什器や設備等がそのまま残っている空き物件のことで、残されている内外装、什器や設備が使えれば、コスト削減できるし、開店準備もスピーディーに進めることができます。
皆さんのお住まいの近所でも、「3丁目の角にあったラーメン屋潰れたけど、しばらくしたら別のラーメン屋が入っていたよ」なんてことありませんでした?全国各地で居抜き物件に同業種が入居するなんてことが起こっているわけで、それだけ居抜き物件はある意味「人気物件」とも言えるんですよね。
こうして見ると、居抜き物件はメリットだらけ、メリットしかないようにも思われがちですが、どんなことでもメリットもあればデメリットもあります。また、チェックすべき点をチェックしておかないと、契約後にトラブルになったり、思わぬ出費で「こんなはずじゃ・・・」ということにもなりかねません。せっかくの晴れやかな門出に、これでは悲しすぎますよね。
このサイトでは、この居抜き物件のメリット・デメリットをしっかり押さえつつ、その対策も立て、さらに物件選びの際にチェックしておきたい点を確認できるようになっています。これを読んでくださっているあなたが居抜き物件を探している方で、「このサイトの記事を読んで満足いく居抜き物件が見けることができた」なんてことがあれば、これほどうれしいことはありません。

居抜き物件での飲食店開業は全国各地で起こっている

飲食店を開業するにあたって、居抜き物件に人気があるのは、もちろんメリットがあるわけです。 もっとも、居抜き物件なら何でもいいというわけではなく、やみくもに飛びついたらそれが仇になることもあります。 このページでは、居抜き物件で飲食店を開業するメリットとその注意点を挙げていきたいと思います。

居抜き物件で飲食店を開業するデメリットも知っておこう

メリットもあれば当然デメリットもあります。どちらかに100%偏っているということはありません。 というわけで、居抜き物件で飲食店を開業する場合に起こり得るデメリットについても知っておくといいです。 そうなった場合に対処できるようにしておくことが大事になってきますからね。

内覧の際に確認すべき3つのポイント

メリット・デメリットはあくまで一般論の話です。 居抜き物件は一件一件別物ですから、一般論のメリット・デメリットを踏まえて、それぞれ自分の目で、その物件固有のメリット・デメリットを確認しなければなりません。 どの点がどの程度のメリットで、どの点がどの程度のデメリットなのか。総合的に判断しましょう。